煩悩

煩悩(2017/9)

雨上がりの虹が見たくて
遠くの空 見上げてみたら
水たまりにはまった ポチャリ

ひとときのやすらぎ 求めただけ
足元を気にしてる間(ま)に 見失った

子供の頃つけられたあだ名は疫病神
「そんなのアリか?」と思ったけれど
上手いこと言ったもんだな

「悲しい時は泣けばいいさ」と誰かが言った
もう泣きすぎて泣きすぎて
涙なんか出てこないよ

ボクのちっぽけな手でキミを守ろうと
そっと包んだ
そっと包んだはずなのに ぐしゃり

だいたいのことなら 魔法で解決
でも どうにもならないこと
どうすりゃいいの?

悪気なんかなかったんだ 許しておくれよ
キミに何をしてあげられる
無力なボクにできること

ツライのが当たり前になって ほんとのボクがわからない
もう 悲しくて悲しくて 誰か救ってくれないか

こたえを出すのはこのボクでしかないことは知ってる
でも 生きることをやめたくもなる
そう思った夜だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする