コントロール

我が家は平日のみ、夕飯はお弁当を頼んでいます。
土日祝日は、夫と一緒にメニューを考えて作ります。

今日も頑張って乗り越えました。
ほとんど夫がやってくれたので、感謝の言葉を言いたいと思い、「手伝ってくれてありがとう」と夫に言いました。

そしたら、
「はぁ~?手伝った???何その夕食は妻が作るものみたいな考え???」
的なことを、やさし~く
「手伝ったって言うたらあんまりよくない表現でな、妻が作るものなんて決まってないんやで?」
と言われました。

ハッ!としました。
私の中で、そのような固定概念があったのです。

人はみなそれぞれ、固定概念というものを持っています。
それは全部、幼いころからの親に言われたり、学校で先生に言われたり、社会に出てから職場で言われたりしたことなんです。

こうしなさい!ああしなさい!そんなじゃダメ!

もう、そんな周りからの押し付けから解放されましょ?
それが、自分を苦しめているのだから。

でもね、これって解放されるのも難しいことで、今まで何十年とその生き方でやってきたから、その概念をやめるのも苦しいんです。

私自身も、その概念からの解放に苦しんでいます。
「べき思考」からなかなか抜け出せません。

けれど、少しずつでもいいから自分がラクに生きられるようにプラスの感情で試してます。
「プラス思考」じゃなくて、「プラスの感情」。

プラス思考ってやろうとしてもなかなか出来ないと、私は感じています。
でも、プラスの感情は簡単。
自分が笑えるもの(お笑いとか)で感情がプラスになったら、考えもプラスになっていくのです。

「人は悲しいから泣くのでなはい。泣くから悲しいのだ。」
この言葉は、私がどこかの書物で読みました。
訪問看護の方もおっしゃっていました。

思考と感情のコントロールって、難しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする