絶望の最中のあなたへ

自分の投稿を見てて思ったのですが、
「ポジティブ」vs「ネガティブ」
の闘いばかりですね。最近は。

今回もそんな話題です。

最初に言っておきます。
私は今、ネガティブすぎるくらいなネガティブです。

世の中って、ポジティブなものが多いです。
ポジティブな言葉。
ポジティブな音楽。
ポジティブな…その他いろいろ。

でもね、ネガティブを見た方が安心することもあるんです。
その、ネガティブがぎゅっと詰まった本があります。

もう、絶望的なことしか書いてないです。
絶望な人生を送ったカフカの綴った中から抜粋されています。

私は昨夜、この本を読み終えました。
マイナスな感情を無理にプラスに考えなくていいんだ。
そう思いました。

最初の方に書いてあります。

「ピュタゴラスの逆療法」と「アリストテレスの同質効果」について。

私自身、読んでよかったなと思えた1冊でした。

あ!最後に大事なこと。
元気な時に読んでも、「は?あほちゃう?」って思うほどの絶望っぷりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする