先日のテレビで思うこと

一週間に一回、通院している私です。
クリニックで診察を終え、処方箋を持って薬局へ行った時のことでした。

薬局のテレビで、こういう特集をやっていたのです。
「精神科病棟24時」

私は、「ん?どういう内容なのかな…」とボーっと見てたんです。

そしたら、
「救急車で運ばれてきた統合失調症の40代の男性」
が最初に取り上げられていたのですが、
「暴れるかもしれないので、男性スタッフが対応します」と。

まあ、そうかもな…と苦笑しながら見ていました。

その後、私が不快に思った内容が…
その男性の幻聴に対して言っているであろう言葉(うっせぇ!、とか)だけを文字にして強調しているわけです。
医師や看護師、救急隊員の言葉は、文字にならないのに。

また、夜勤の看護師の様子を取り上げていて、
「昼間は落ち着いている患者も、夜になって不安定になるので気が休まりません」と。

もう、そこまで言われたら、私も自分へのダメージが大きすぎて見ていられませんでした。

そりゃそーかもしれないよ!
迷惑かけてるかもしれないよ!
私だって、入院時は迷惑かけたさ!
今でも、主治医や訪問看護の方に迷惑かけてるさ!
でも、迷惑かけっぱなしじゃないんだ!
これは、開き直って言ってるんじゃないんだけどさ!

統合失調症の急性期(特に幻覚や妄想が強い時期)なんて、ほんの一時なんだよ!
その、患者の病状の悪い時だけを取り上げないでほしい。。。
入院していた人の病状が落ち着いて、退院して地域で暮らそうとして、本当に生き生きと毎日楽しくそれぞれの人生を謳歌しているところも伝えてくれよ!って思うんです。
それに、「あの時は迷惑かけちゃったな。でも、感謝してるよ」って気持ちだって持ってるんです。

それを、「精神病者は悪者だ。こういう職業で、こんなに苦労している人もいるんですよ。」みたいな取り上げ方をするから、いつまでたっても偏見がなくならないんです。

福祉の世界では、
「障害者も地域で暮らしてQOL(生活の質)を高めましょう」
とか、言ってる(私の知っている限り、15年以上前から)のに、世間の偏見があるから「地域で暮らしましょう」なんてきれいな言葉が苦しいのです。
そんなの無茶だよ、今の世の中では。とも感じてしまうのです。

好きで病気になったんじゃない。
ちょっとしたストレス(悪い出来事だけじゃなくて楽しい出来事でも)で調子を崩してしまうこともある。
でも、そんな人たちだって、一生懸命生きているんです。
なのに…
「精神科病棟24時」とか失礼な話だ、とまで感じます。

いまだにそうやって「世の中の悪」みたいに取り上げられるんだなと思うと、
つらくなります。
悲しくなります。
生きてちゃダメなのかな、とまで自分を責めてしまいます。

最後まで読んでくれて、ありがとう。