ダメな奴、再び

以前、書いた記事
ダメな奴
について、ちょっと補足…
というか、少し考えが深まったので。

結論から言うと、
「ダメな奴」=「生きてて得していると感じられる奴」
なんじゃないかなって。

「生きてて得してる」っていうのもあいまいな表現ですね。

がんばろうと無理している時は自分が出来ていることに気付かなかったり空回りしてたりするけど、頑張るのをやめたら、意外と出来てることが多かったり、本来の自分らしさに気付いたり、周りに感謝できて、「生きてて得してる」と感じられること、かな。

「ダメな奴」と対義しているのがどんな人間なのか考えたけれど、うまい言葉が出てきません。
「誰よりも偉いと思っている、俺様的な冷血な奴」でしょうか。
よくわかりません。

誰か、「ダメな奴」について思うところがあればご意見ください。
(他力本願でごめんなさい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐倉井 より:

    私の考えですが、「ダメな奴」は、コミュニティを乱す人かなぁと思います。
    集団についていけない人ってことですかね? そういう人は切り捨てられますよね。

    世の中でほとんどの人が働いて頑張って生きてるわけだから、頑張れるのに頑張らない人とか、タマニゲンキさんのおっしゃる通り、堕落した俺様気取りの奴は、特定のコミュニティどころか社会から敬遠されますわな。
    色々考えさせられました。更新楽しみにしてます。

    • Yuki より:

      佐倉井さん、コメントありがとうございます。
      佐倉井さんのおっしゃる「ダメな奴」は、社会的な意味での「ダメな奴」ですね。
      人間は必ず人とつながってますから、コミュニティを乱していては「ダメな奴」ですね。
      なるほど、そういう「ダメな奴」も考えられますね。
      考えがまた深まりました。